とある弁護士のひとりごと

とある弁護士のブログ。時事ネタや法律・判例情報・過払い訴訟の論点解説など
by lawinfo
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

【生活保護】千葉地裁平成25年11月27日判決

【生活保護費の返還と否認権行使】
・千葉地裁平成25年11月27日民事第1部判決・金子直史裁判長
(事件番号:千葉地方裁判所平成25年(ワ)第616号・否認権行使請求事件)
URL:http://www.courts.go.jp/search/jhsp0030?hanreiid=83975&hanreiKbn=04


【事案の概要】
・生活保護受給者が資産を処分するなどして金銭を得たことから,市に対し,生活保護法63条(※)に基づき金銭を返還した。その後に生活保護受給者について破産手続が開始され,破産管財人である原告が,破産法162条1項1号の否認権を行使して,被告市に対し,返還金の返還を求めた事案。


【※生活保護法63条】
「被保護者が、急迫の場合等において資力があるにもかかわらず、保護を受けたときは、保護に要する費用を支弁した都道府県又は市町村に対して、すみやかに、その受けた保護金品に相当する金額の範囲内において保護の実施機関の定める額を返還しなければならない。」


【判示事項】
「本件事実関係の下では,被告の市長による本件保護開始決定に基づく保護費の給付を受けてきた破産者が,被告に対し,生活保護法63条に定める費用返還義務の履行としてした本件弁済は,破産法162条1項1号に該当し,その有害性及び不当性にも欠けるところがないから,その後に破産者について開始された破産手続の破産管財人である原告が,被告に対し,本件弁済についての否認権を行使する本件請求は,理由がある。」


【雑感】
・63条の返還に否認権行使を認めた極めて稀有な事案。破産管財人がここまでやることは少なく,破産裁判所も時間がかかることをよく認めたなぁと思います。
・最近,福祉事務所が63条または78条による返還請求を濫発して,金のないとわかっている保護者に返さないなら刑事告発するというケースが増えています。
・返してしまえば否認権行使の対象になりうることは知っておくべきでしょうね。


※上記の意見・情報などの正確性等を保証するものではなく,お使いになる方の判断で情報の取捨選択をお願いします。
[PR]

by lawinfo | 2014-02-28 23:27 | 消費者問題
<< 【貸金業者の対応】SFコーポレ... 【権利能力なき社団】最高裁平成... >>