とある弁護士のひとりごと

とある弁護士のブログ。時事ネタや法律・判例情報・過払い訴訟の論点解説など
by lawinfo
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2014年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧


【刑事事件】最高裁平成26年3月28日判決

【暴力団組員のゴルフ場利用と詐欺罪の成否(二つの最高裁の判断)】
・最高裁平成26年3月28日第二小法廷判決
(事件番号:最高裁判所平成25年(あ)第3号・詐欺被告事件)
URL:http://www.courts.go.jp/search/jhsp0030?hanreiid=84091&hanreiKbn=02


【争点】
・暴力団員であることを秘してした施設利用申込み行為自体が,挙動による欺罔行為に当たるか。
・第1審判決は,暴力団員であることを秘してした施設利用申込み行為自体が,挙動による欺罔行為として,申込者が暴力団関係者でないとの積極的な意思表示を伴うものと評価でき,各ゴルフ場の利便提供の許否判断の基礎となる重要な事項を偽るものであって,詐欺罪にいう人を欺く行為に当たるとし,第2審判決も第1審判決を是認した。被告人側が上告。


【平成25年(あ)第3号・主文】
「原判決及び第1審判決を破棄する。
 被告人は無罪。」


【平成25年(あ)第3号・判示事項】
「暴力団関係者であるビジター利用客が,暴力団関係者であることを申告せずに,一般の利用客と同様に,氏名を含む所定事項を偽りなく記入した「ビジター受付表」等をフロント係の従業員に提出して施設利用を申し込む行為自体は,申込者が当該ゴルフ場の施設を通常の方法で利用し,利用後に所定の料金を支払う旨の意思を表すものではあるが,それ以上に申込者が当然に暴力団関係者でないことまで表しているとは認められない。そうすると,本件における被告人及びDによる本件各ゴルフ場の各施設利用申込み行為は,詐欺罪にいう人を欺く行為には当たらないというべきである。」





【暴力団関係者を同伴しない旨誓約した事案】
・最高裁平成26年3月28日第二所小廷決定
(事件番号:最高裁判所平成25年(あ)第725号・詐欺被告事件)
URL:http://www.courts.go.jp/search/jhsp0030?hanreiid=84098&hanreiKbn=02


【平成25年(あ)第725号・主文】
「本件上告を棄却する。」


【平成25年(あ)第725号・判示事項】
入会の際に暴力団関係者の同伴,紹介をしない旨誓約していた本件ゴルフ倶楽部の会員であるAが同伴者の施設利用を申し込むこと自体,その同伴者が暴力団関係者でないことを保証する旨の意思を表している上,利用客が暴力団関係者かどうかは,本件ゴルフ倶楽部の従業員において施設利用の許否の判断の基礎となる重要な事項であるから,同伴者が暴力団関係者であるのにこれを申告せずに施設利用を申し込む行為は,その同伴者が暴力団関係者でないことを従業員に誤信させようとするものであり,詐欺罪にいう人を欺く行為にほかならず,これによって施設利用契約を成立させ,Aと意を通じた被告人において施設利用をした行為が刑法246条2項の詐欺罪を構成することは明らかである。 被告人に詐欺罪の共謀共同正犯が成立するとした原判断は,結論において正当である」



【雑感】
・同日に言い渡された2つの事件で,最高裁の結論が大きく異なった事例。司法試験受験生はよく勉強しておくべき事案でしょう。
・元検事の小貫芳信判事が無罪とした平成25年(あ)第3号の事件で反対意見を書いているので,これもじっくり検討すべきでしょう。


※上記の意見・情報などの正確性等を保証するものではなく,お使いになる方の判断と責任で情報の取捨選択をお願いします。
[PR]

by lawinfo | 2014-03-28 23:11 | 刑事事件

【労働事件】最高裁平成26年3月24日判決

【うつ病罹患と過失相殺】
・最高裁平成26年3月24日第二小法廷判決
(事件番号:最高裁判所平成23(受)第1259号・ 解雇無効確認等請求事件)
URL:http://www.courts.go.jp/search/jhsp0030?hanreiid=84051&hanreiKbn=02


【事案の概要】
・上告人労働者が,鬱病に罹患して休職し休職期間満了後に被上告人会社から解雇されたが,上記鬱病(以下「本件鬱病」という。)は過重な業務に起因するものであって上記解雇は違法,無効であるとして,被上告人
に対し,安全配慮義務違反等による債務不履行又は不法行為に基づく休業損害や慰
謝料等の損害賠償を求める事案。
・原審東京高裁平成23年2月23日判決(東京高等裁判所平成20年(ネ)第2954号)は,安全配慮義務違反等を理由とする損害賠償責任を負うとした上で,過失相殺に関する民法418条又は722条2項の規定の適用ないし類推適用により損害額の2割を減額するとともに,休業損害に係る損害賠償請求につき,その認容すべき額が選択的併合の関係にある未払賃金請求の認容すべき額を下回るからこれを棄却すべきものであるとした。


【判示事項】
「被上告人が安全配慮義務違反等に基づく損害賠償として上告人に対し賠償すべき額を定めるに当たっては,上告人が上記の情報を被上告人に申告しなかったことをもって,民法418条又は722条2項の規定による過失相殺をすることはできないというべきである。」


【雑感】
・メンタルヘルスが騒がれている中での最高裁の重要な判断。
ただ,常にうつ病を考慮できないといっているわけではないので,そこは事例判断と理解したうえで実際の事案を分析して判断していくことになるでしょう。


※上記の意見・情報などの正確性等を保証するものではなく,お使いになる方の判断と責任で情報の取捨選択をお願いします。
[PR]

by lawinfo | 2014-03-25 23:07 | 労働事件

【裁判員裁判】最高裁平成26年3月10日決定

【裁判員裁判の審理のあり方】
・最高裁平成26年3月10日決定
(事件番号:最高裁判所平成24年(あ)第744号・覚せい剤取締法違反,関税法違反被告事件)
URL:http://www.courts.go.jp/search/jhsp0030?hanreiid=84038&hanreiKbn=02


【雑感】
・この件で読む価値のある判示事項はありません。
・横田尤孝判事の補足意見を読んでください。これはひどいです。
・裁判員を直接批判できないので,1審段階の法曹三者を批判しています。
・全体を読んでみると,最高裁が裁判員裁判の導入を自ら主導したにもかかわらず,もう裁判員裁判の不合理な裁判なんてやめた方がいいんじゃないかという最近の最高裁の意思を強く感じます。
・また,補足意見は最高裁判事がその判断に至った理由を自分なりに解説する場ですが,横田尤孝判事の補足意見はもはやただの意見表明・愚痴にすぎず,補足意見とはいえないでしょう。
・私は横田尤孝判事が次に国民審査を受けることがあるとすれば,次は明確に「×」にします。


※上記の意見・情報などの正確性等を保証するものではなく,お使いになる方の判断と責任で情報の取捨選択をお願いします。
[PR]

by lawinfo | 2014-03-13 23:52 | 刑事事件

【保険金請求】名古屋高裁平成26年1月23日判決

【酒気帯び運転の保険金不支払事由の該当性】
・名古屋高裁平成26年1月23日民事第3部判決・長門栄吉裁判長
(事件番号:名古屋高等裁判所平成25年(ネ)第699号・保険金請求控訴事件)
URL:http://www.courts.go.jp/search/jhsp0030?hanreiid=84036&hanreiKbn=04


【事案の概要】
・亡Bが死亡した交通事故について,亡Bの相続人である控訴人らが,亡B運転車両を被保険車とする自動車保険の保険者である被控訴人に対し,保険契約に基づく人身傷害保険金請求権により,人身傷害条項損害額基準に基づく逸失利益等を請求した事案。
 原審が控訴人らの請求をいずれも棄却したため,控訴人らが控訴した。


【主文】
「1 原判決を次のとおり変更する。
2 被控訴人は,控訴人らに対し,各自3754万5000円及びこれに対する平成23年5月24日から支払済みまで年6分の割合による金員を支払え。
3 控訴人らのその余の請求をいずれも棄却する。
4 訴訟費用は,第1審,第2審を通じてこれを10分し,その1を控訴人らの,その余を被控訴人の負担とする。
5 この判決は,第2項に限り,仮に執行することができる。」


【判示事項】
「本件免責特約は,「酒気を帯びて」,すなわち「道路交通法65条1項違反またはこれに相当する状態で」自動車を運転していた場合に生じた損害について,保険金の支払拒否事由(免責事由)とするものである。
ところで,同法65条1項の「酒気を帯びて」とは,社会通念上酒気を帯びているといわれる状態,すなわち,その者が,身体にその者が通常保有する程度以上にアルコ-ルを保有していることが,顔色,呼気等
の外観上認知できる状態にあることをいうと解され,同法117条の2の2第3号所定の政令数値未満の罰則の対象とはならない程度の酒気帯び運転についてもこれを禁止する趣旨である(乙11参照)。そして,
本件免責特約の「酒気を帯びて」については,特に同法65条1項違反またはこれに相当する状態というとの注が付されていることからすると,本件免責特約は,同法65条1項と同様に,社会通念上酒気を帯びているといわれる状態,すなわち,その者が,身体にその者が通常保有する程度以上にアルコ-ルを保有していることが,顔色,呼気等の外観上認知できる状態にある場合を意味するものと解するのが相当である。」


【雑感】
・損保会社がかなり争ってくる免責約款について,1審は損保会社の主張を認めたのに対し,2審はその判断を逆転させた事案。免責約款の適用について参考になると思います。


※上記の意見・情報などの正確性等を保証するものではなく,お使いになる方の判断と責任で情報の取捨選択をお願いします。
[PR]

by lawinfo | 2014-03-12 23:49 | 交通事故

【成年後見】名古屋高裁平成26年2月7日決定

【任意後見契約における授権の範囲】
・名古屋高裁平成26年2月7日民事第3部判決・長門栄吉裁判長
(事件番号:名古屋高等裁判所平成25年(ラ)第392号・面会禁止等仮処分命令申立却下決定に対する即時抗告事件)
URL:http://www.courts.go.jp/search/jhsp0030?hanreiid=84034&hanreiKbn=04


【事案の概要】
・抗告人の任意後見人が,抗告人を代理して弁護士に委任して,抗告人の人格権に基づく妨害排除請求権を被保全権利として,相手方に対し,抗告人との面会等を禁止する仮処分命令の申立てをした。
 原審が,本件仮処分命令申立てについて,保全の必要が認められないとの理由で,これを却下したため,抗告人が即時抗告した事案。


【主文】
「1 本件抗告を棄却する。
 2 抗告費用は抗告人の負担とする。」


【判示事項】
「抗告人が子や家族等のうち誰と面会し,何を話し,何を聞くことを望み,また,好み,そのことを実行するか否かなどのことは,極めて個人的で内面的な事柄であり,抗告人の自由な意思決定にまかされるべき人格的な利益又は権利というべきものであるから,他人が抗告人に代わって決定することになじまない性質の事柄というほかない
 したがって,仮に抗告人がその人格権に基づき相手方に対し,面会等の禁止を請求できる権利を有するとしても,同権利は,抗告人自らがこれを行使することを要する権利であって,いわゆる行使上の一身専属的権利であると解される。
 そうすると,本件任意後見契約において,抗告人がAに対し,上記権利の行使の代理権限を明示的に授与している場合は格別,そのような場合でない本件においては,Aについて,上記権利行使の代理権授与を肯定することはできない。」


【雑感】
・最近非常に増えてきた任意後見契約について判断した最新の高裁裁判例。任意後見契約の委任事項の決め方についてまだまだ議論が十分に起きていない状況であることから,参考になる裁判例だと思います。なお,行使上の一身専属権といいきっていいかは議論がありうると思います。


※上記の意見・情報などの正確性等を保証するものではなく,お使いになる方の判断と責任で情報の取捨選択をお願いします。
[PR]

by lawinfo | 2014-03-11 23:37 | 成年後見

【貸金業者の対応】CFJ合同会社の破綻はいつ?④

【CFJ合同会社の破綻はいつ?④】
・CFJで何やら動きがあるようです。
 CFJが今まではやってこなかった法律事務所まわりを始めたそうです。

・内容としては今期の業績が悪く(ここまでは今までと同じ),シティグループ日本法人の業績も悪かったため(ここがポイント),今後支援が今までと同様に受けられるかわからなくなってきた。
そのため,従業員の大幅カット(数百人規模)を含むリストラを実行するが,それでも過払金の支払いには到底足りないという話だそうです。

・そこで,提案として安く和解してくれる事務所の依頼者にはすぐに過払金を返還し,その他は…という方針みたいです。

・ただ,上記だけなら今までも同じといえば同じなのでどの程度信憑性があるかはわかりません。みなさんご自身でご確認ください。ただ,やはり破産はないようで,どこかに従業員ごと買い取ってくれるところを探しているようです。


※上記の意見・情報などの正確性等を保証するものではなく,お使いになる方の判断と責任で情報の取捨選択をお願いします。
[PR]

by lawinfo | 2014-03-07 23:29 | 貸金業者の対応

【貸金業者の対応】SFコーポレーションのその後③

【【貸金業者の対応】SFコーポレーションのその後③】
・平成26年3月5日午後1時30分東京地方裁判所において,本破産会社の債権者集会があったようです。
URL:http://sf-corp.jp/news/20140305.html

・次の債権者集会は平成26年9月3日午後1時30分のようです。

・次は6か月先のようですが,配当見込みもないのにこの期間何をやる予定なのかもHP上で公表してほしいところです。


※上記の意見・情報などの正確性等を保証するものではなく,お使いになる方の判断と責任で情報の取捨選択をお願いします。
[PR]

by lawinfo | 2014-03-06 23:24 | 貸金業者の対応