とある弁護士のひとりごと

とある弁護士のブログ。時事ネタや法律・判例情報・過払い訴訟の論点解説など
by lawinfo
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2015年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧


【刑事事件】最高裁平成27年10月22日決定

【勾留却下の具体例】
・最高裁平成27年10月22日第二小法廷決定
(事件番号:平成27年(し)第597号・勾留請求却下の裁判に対する準抗告の決定に対する特別抗告事件)
URL:http://www.courts.go.jp/app/hanrei_jp/detail2?id=85401


【被疑事実】
「被疑者は,大阪家庭裁判所審判官によりAの成年後見人に選任され,同人名義の預金通帳等を保管し,同人の財産を管理する業務に従事していたものであるが,大阪府東大阪市内の郵便局に開設された同人名義の通常郵便貯金口座の貯金を同人のため預かり保管中,平成20年11月21日,同府八尾市内の郵便局において,同口座から現金300万円を払い戻し,同日,同府東大阪市内において,これをBに対し,ほしいままに貸付横領した」


【決定要旨】
「本件は,被害額300万円の業務上横領という相応の犯情の重さを有する事案ではあるものの,平成20年11月に起きた事件であり,平成23年6月に大阪家庭裁判所から大阪府警察本部に告発がされ,長期間にわたり身柄拘束のないまま捜査が続けられていること,本件前の相当額の余罪部分につき公訴時効の完成が迫っていたにもかかわらず,被疑者は警察からの任意の出頭要請に応じるなどしていたこと,被疑者の身上関係等からすると,本件が罪証隠滅・逃亡の現実的可能性の程度が高い事案であるとは認められない。原決定は,捜査の遅延により本件の公訴時効の完成が迫ったことなどを理由に,勾留の必要性がないとまではいえない旨説示した上,原々審の裁判を取り消したが,この説示を踏まえても,勾留の必要性を認めなかった原々審の判断が不合理であるとしてこれを覆すに足りる理由があるとはいえず,原決定の結論を是認することはできない。」


【雑感】
・これまでの勾留・保釈に関する最高裁決定で一般論は十分に説示されていました。
しかし,具体的な適応の場面でいまだに勾留を認める下級審の判断が多く,最高裁の決定の趣旨に反する判断も多いところです。
・この300万円の業務上横領事件という一点をもって勾留の必要性を認めた原審決定に対し,最高裁はそうはいうものの,それまで身柄拘束もせずに捜査を長々続けていた点を詳細に分析し,高裁の形式的判断を覆した点で実務に与える影響は非常に大きいと思います。
・勾留却下を求める事件では,この最高裁決定を添付資料としてつけておけば,下級審の裁判官もビビって自信をもって勾留を認める判断はできにくくなると思います。


※上記の意見・情報などの正確性等を保証するものではなく,お使いになる方の判断と責任で情報の取捨選択をお願いします。
[PR]

by lawinfo | 2015-10-26 23:18 | 刑事事件

【無罪判決】横浜地裁平成27年9月9日判決

【呼気検査拒否罪無罪判決】
・横浜地裁平成27年9月9日第6刑事部判決・鬼澤友直裁判長
(事件番号:横浜地方裁判所平成27年(わ)第12号・道路交通法違反被告事件)
URL:http://www.courts.go.jp/app/hanrei_jp/detail4?id=85358


【公訴事実】
「被告人は,平成26年9月4日午後11時56分頃から同月5日午前零時29分頃までの間,横浜市内の路上において,被告人が酒気を帯びて普通自動二輪車を運転するおそれがあると認めた神奈川県警察第一交通機動隊司法警察員巡査部長Aらから,身体に保有しているアルコールの程度について調査するため,政令で定める方法で行う呼気の検査に応ずるよう求められたのに,これを拒んだものである」


【道路交通法118条の2】
「第六十七条(危険防止の措置)第三項の規定による警察官の検査を拒み、又は妨げた者は、三月以下の懲役又は五十万円以下の罰金に処する。 」


【争点】
・警察官A及びBが被告人に呼気検査を求めたか否か


【検察官求刑】
・罰金35万円


【主文】
・被告人は無罪。


【判示事項】
「Bが証言するような事実があったとしても,Bは,「お酒の量を測るから,飲酒検知するからな。」と言ったにとどまり,その場に呼気検査器具があって被告人にこれを使用することを求めたわけではなく,また,呼気検査器具が置いてあるパトカーのところに被告人を連れて行こうとしたわけではないのであるから,このBの発言は,将来の呼気検査の予告にとどまり,被告人に呼気検査に応じるかどうかについて明確な回答を求めるような発言となっていないと言うべきである。
 しかもBと被告人のやり取りは,Aが合流するまでの10秒足らずのうちに行われたものであり,被告人が,Bによりバイクごと転倒させられ,怪我をしたと考えて「転んだじゃねえか,怪我をしたじゃねえか,事故の証明を出せ。」などと述べて相当の興奮状態にあったと認められることを考えると,このような状況において被告人が「関係ない。」と発言したとしても,それをもって,Bから直ちに呼気検査に応じるよう求められていると認識した上で,これに対する拒否の意思を明らかにしたものと見ることもできない。
ウ したがって,Bが証言する被告人に呼気検査を求めた状況を前提としても,この段階では,被告人の言動が,「検査を拒み」に該当するということはできない。」



【雑感】
・軽微事件の無罪判決。重大事件は裁判官もまじめに考えて判決を書きますが,軽微事件だとどうでもいいや,有罪にしとけとしてしまうことが多いです。
・その意味でこの裁判体はきちんとこの事件に向き合ったと思います。

・ただ,この事件が合議事件なのはすごく不思議です。さすがに配転時点では単独事件だと考えられ,かなり難しい事件と考えて裁定合議事件にしたということでしょうか。右陪席が部長にヘルプを求めた?


※上記の意見・情報などの正確性等を保証するものではなく,お使いになる方の判断と責任で情報の取捨選択をお願いします。
[PR]

by lawinfo | 2015-10-06 23:32 | 刑事事件