とある弁護士のひとりごと

とある弁護士のブログ。時事ネタや法律・判例情報・過払い訴訟の論点解説など
by lawinfo
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2016年 01月 ( 1 )   > この月の画像一覧


【無罪判決】岐阜地裁平成27年11月30日判決

【過失運転致死事件・無罪判決】
・岐阜地裁平成27年11月30日判決・大西直樹裁判長
(事件番号:岐阜地方裁判所平成26年(わ)第431号・過失運転致死,道路交通法違反)
URL:http://www.courts.go.jp/app/hanrei_jp/detail4?id=85589


【無罪となった公訴事実】
「本件公訴事実中,過失運転致死の点(公訴事実第1)は,「被告人は,平成26年11月17日午後6時1分頃,普通乗用自動車を運転し,岐阜市島栄町内の交通整理の行われていない三差路交差点を,東から西方面へ向かい直進するに当たり,同所は道路標識によりその最高速度が40キロメートル毎時と指定された場所であったから,同最高速度を遵守するはもとより,前方左右を注視し,進路の安全を確認しながら進行すべき自動車運転上の注意義務があるのにこれを怠り,左方道路から来る車両の有無に気をとられ,前方左右を十分注視せず,進路の安全確認不十分のまま漫然時速約50キロメートルで進行した過失により,折から同交差点出口付近を右方から左方へ向かい小走りで歩行横断中のA(当時84歳)を至近距離に迫ってようやく認めたが,急制動の措置を講じる間もなく,同人に自車左前部を衝突させて路上に転倒させ,よって,同人に重症頭部外傷等の傷害を負わせ,同日午後8時42分頃,同市内の病院において,同人を上記重症頭部外傷により死亡させた」


【検察官の求刑】
・懲役3年6月の実刑


【主文】
「被告人を懲役1年に処する。
この裁判が確定した日から3年間その刑の執行を猶予する。
本件公訴事実中,過失運転致死の点については,被告人は無罪。」


【判示事項】
「被告人は,最高速度をいくらか上回る速度で走行してはいたものの,前方左右不注視の義務違反があったとの事実は認められない上,そもそも前方左右の注視を尽くしていても本件事故を回避し得たとするには合理的な疑問が残るから(なお,被告人の走行速度が,上記第3の5で検討した際の前提である時速を上回る,例えば,時速50キロメートルであったとしても,その結論は同様である。),本件事故が,被告人が自動車運転上の注意義務を怠ったことにより生じたものであるとは認められず,被告人に自動車運転上の過失があったということはできない。
よって,本件公訴事実中,過失運転致死の点については,犯罪の証明がないことに帰するから,刑事訴訟法336条により被告人に対して無罪の言渡しをすることとする。」


【雑感】
・この被告人は引き逃げしています。意外に思われるかもしれませんが,まじめな人ほど引き逃げをする傾向にあります。

・犯罪性向の高い人は人を引いてもそんなに動揺しないため,事故後普通に通報します。
この被告人のように前科・前歴までないタイプは,責任の重さに思わず逃げだしてしまうことがあると刑事裁判官から聞いたことがあります。この被告人は結果として自分が被害者を死に至らしめていたったことを後悔しているように判決書からは読めます。

・そうだからといって引き逃げが許されるというつもりは毛頭ありませんが,このような傾向が交通事故では見られます。


※上記の意見・情報などの正確性等を保証するものではなく,お使いになる方の判断と責任で情報の取捨選択をお願いします。
[PR]

by lawinfo | 2016-01-18 23:41 | 刑事事件