とある弁護士のひとりごと

とある弁護士のブログ。時事ネタや法律・判例情報・過払い訴訟の論点解説など
by lawinfo
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

<   2016年 03月 ( 1 )   > この月の画像一覧


【認知症と人身事故】最高裁平成28年3月1日判決

【認知症患者が起こした人身事故における家族の責任】
・最高裁平成28年3月1日第三小法廷判決
(事件番号:最高裁判所平成26年(受)第1434号,1435号・損害賠償請求事件)
URL:http://www.courts.go.jp/app/hanrei_jp/detail2?id=85714


【判示事項】
「民法752条は,夫婦の同居,協力及び扶助の義務について規定しているが,これらは夫婦間において相互に相手方に対して負う義務であって,第三者との関係で夫婦の一方に何らかの作為義務を課するものではなく,しかも,同居の義務についてはその性質上履行を強制することができないものであり,協力の義務についてはそれ自体抽象的なものである。また,扶助の義務はこれを相手方の生活を自分自身の生活として保障する義務であると解したとしても,そのことから直ちに第三者との関係で相手方を監督する義務を基礎付けることはできない。そうすると,同条の規定をもって同法714条1項にいう責任無能力者を監督する義務を定めたものということはできず,他に夫婦の一方が相手方の法定の監督義務者であるとする実定法上の根拠は見当たらない。
 したがって,精神障害者と同居する配偶者であるからといって,その者が民法714条1項にいう「責任無能力者を監督する法定の義務を負う者」に当たるとすることはできないというべきである。」


【雑感】
・結論は誰もが予想したとおりでしたが,最高裁が家族の責任を否定する理屈をどうするかはとても関心をもっていました。

・私は監督義務者であることを認めて,予見可能性または結果回避可能性で切るのではないかと予想していましたが,多数意見が「監督義務者」性を否定するとは意外でした。
 実際に岡部喜代子裁判官の意見がまさにこの立場で,おそらくこの立場がこの判決が出るまでのスタンダードだったのではないかと思います。

・今回の第三小法廷は結論はともかく,各裁判官で微妙に立場に差があり,この事件が本当に難しい事件だたことを物語っていると思います。
 ただし,結論として家族の責任を認めた原々審及び原審の判断は明らかにおかしかったといえます。


※上記の意見・情報などの正確性等を保証するものではなく,お使いになる方の判断と責任で情報の取捨選択をお願いします。
[PR]

by lawinfo | 2016-03-01 15:57 | 最高裁